寺からのお知らせ

この冬、初めて本格的に龍口に雪が降りました!

2013年12月21日

当山住職の氏名のルーツとなった「槇」の樹もすっかり雪化粧しました。

橿原の北越智という所から初代「槇雄」が入寺したのが130数年前。
もともとは「吉田姓」で「槇尾」とし「槇雄」となりました。


入寺記念に植樹した槇の幼木も今や樹高25メートル、幹周り1.8メートルまでになりました。

法光寺のシンボルとして裏境内に ドンと鎮座ましてます。

これから、ますます寒くなります。
龍口の皆さま、村外の龍口縁の方々も、くれぐれも お身体、御自愛ください。

トップへ戻る